革靴(CHEANEY)を海外サイト(Herring Shoes)から個人輸入してみた

革靴(CHEANEY)を海外サイト(Herring Shoes)から個人輸入してみた

最近革靴に興味を持ちつつあり、それならばと8年前に購入して今でも愛用しているCHEANEYの新しい革靴がもう一足欲しくなってきたので、色々調べてみることにしました。

定価より安く購入するのであれば、渡辺産業のファミリーセール(年に2度青山で開催しており、誰でも入れるようですが、どれだけ革靴があるかはわかりません。)、ヤフオクや楽天などか、海外から個人輸入、という3点が考えられますが、今回は個人輸入で購入してみたいと思います。

Herring Shoesで購入

CHEANEYやChurch(チャーチ)を購入するのであれば、Herring Shoesというイギリスの靴屋さんを利用するのが良いらしいです。

今回は「CHEANEY Fenchurch semi-brogues」を購入してみます。日本円で33,450円です。ちなみに日本国内で購入すると59,400円(税込)になります(参考:渡辺産業のオンラインショップ)。

分かりやすいECサイトなので、迷うことなく購入まで進めることができます。サイズを選択して「Add to Basket」をクリック。

「Promo / voucher code」を入力出来るページ(バスケットのページ)に来たら、場合によっては10%OFFやシューツリーが無料になったりしますので、購入の際にはぜひクーポンコードをググってみることをオススメします。今回、シダーシューツリーのクーポン(luxcedar823←いつまで使えるか分かりません)を使ってみます(どうやらシューツリーだけでも4,773円するので、10%OFFなどよりもこちらの方がお得ですね)。

日本への送料は、20ポンド(≒2,864円)になりますので、253.33ポンド (≒36,317円)が合計金額になります。ちなみに、色々な支払方法がありましたが今回はAmazon Payを利用しました。こうして、購入手続きは完了です。

関税を支払う

今回は輸入関税6,000円、輸入内国消費税等2,000円、立替納税手数料(消費税込み)1,080円、合計9,080円かかりました(基本的には購入価格の18%程度が関税という事になります)。

配送は佐川急便でしたので、配送時に支払う事になります。

購入からどのくらいで到着?

購入が10月21日、到着が10月27日でしたので、一週間かからず到着しました。なお、DHLのサイトで配送状況を確認することができるので安心です。

開封

それでは開封していきます。

開けると、パンフレット類のほかクリームと靴ベラが入っていました。

思った通りのイメージでした。クーポンコードを使ったシューツリーが一緒に入っています。

試し履きをしましたが、サイズもぴったりでした。この後、一度クリームを塗るなどのメンテナンスをしてから大事に履いていこうと思います。

まとめ

初めての個人輸入でしたが、特に不安を覚えることもなく、思いのほか早く到着しましたので良かったです。

商品代金+送料+関税など総額では45,397円となりましたが、日本での定価59,400円を考えると14,000円安く購入出来ましたので、少しでも安く購入したい場合は個人輸入を利用するのも良いかと思いま(個人的には、また購入する際は個人輸入にしようと思います)。