2018年7月版Google AdSenseの申請から利用開始までのまとめ

2018年7月版Google AdSenseの申請から利用開始までのまとめ

下記まとめの通り、2018年6月23日に立ち上げたこのブログは、独自ドメインやサーバー利用料が年間8,000円程度かかるので、広告収入により費用負担を減らし、あわよくば収益まで得られたら・・・、と投稿のモチベーション維持にも考えております。

アフィリエイトは主要なものは導入しましたが、一番厳しいといわれているGoogle AdSenseへの審査手続きまで完了しましたので、ブログ立ち上げから申請完了までの流れをまとめてみたいと思います。

Google AdSense(グーグルアドセンス)とは?

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、Googleの提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス。

(出典:Wikipedia)

つまりは、サイトに訪問したユーザーの興味や関心と連動する広告や、サイトの内容に合った広告を自動的に配信してくれる便利なサービスです。現在、どのサイトもGoogle AdSenseを主力で利用しているのかな、と考えておりますでその流れに乗りたいと思います(ただ、いわゆるターゲットが決まっている特化型ブログはアフィリエイトが中心のような気がします)。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)への登録

Google AdSenseへの申請前に、手慣らしにアフィリエイトサイトへ登録してみます(ここでNGが出るようであればGoogle AdSenseへの申請は控えようと思っておりました)。

下記の通り、意外にもアフィリエイトサイトは申請したすべてがOKで終了しました。なお、申請日付にズレがあるのは、色々なブログを見た中で審査基準が低いと噂されているものから申請していったという、慎重さの現れです。。。

A8.net 6月22日登録(審査なし)
JANet 6月22日申請⇒6月25日通過連絡
もしもアフィリエイト 6月27日申請⇒6月28日通過連絡
バリューコマース 6月30日申請⇒7月2日通過連絡
TGアフィリエイト 6月30日申請⇒7月2日通過連絡

なお、その当時はブログへのアクセスはほとんどなく(今もですが・・・)、記事は7記事~10記事(1記事1,500文字程度)ですべてOKが出るという事は、審査基準は他ブログで書いてあるほどのハードルでもないのかなと、ちょっと余裕も出てきました。
ただ、唯一A8.netで「Amazonプログラム提携」はNG(7月3日)となってしまいました。それでも同時期に申請したもしもアフィリエイトでの「Amazonプログラム提携」OKとなりましたので、審査基準がいまいちわかりません。

Google AdSenseへの申請

アフィリエイトでの審査OKの波に乗って、それでは、いよいよ一番厳しいと言われているGoogle AdSenseへ挑んでみます。
申請方法に関しては割愛しますが・・・、詳細はGoogle AdSenseのWebサイトをご確認ください。

なお、色々な方のまとめブログには、30記事以上が必要・他の広告を張ってはならない・画像を多用してはならない、といった事も書いてありましたが、この辺はすべて見なかったことにして、7月3日に13記事・ほかの広告は貼りっぱなし・画像もそれなり多用した状態、でGoogle AdSenseへ申請してみました。
ただ、独自ドメインでWordPressで運用しているという点は、門前払いになるような状態にはなかったとは言えると思います。

申請手続きをしてみる

Google AdSenseのページに従い必要事項を入力していきます。ここは特に迷うことはありませんでした。入力完了後、自分のブログのヘッダーに審査用のコードを貼り付けます。WordPressでは外観⇒テーマの編集からheader.phpを開き、head内にコードを設置すればOKのようです。申請当日にこの作業も終わらせて、あとはGoogleの審査結果を待つだけです。
※下記のようなメールも届きます。

審査がなかなか完了しない・・・

ログインして画面を更新しても、下のような画面のままずっと変化がありません。ページへのコード設置はすぐ終わっていたので審査が長引いているのかと不安を感じていました。「長くかかる場合もあります。」という記載もあったので気長に待つしかありません。

審査完了!

7月3日に申請し長らく待ち続けていましたが、7月12日に遂に審査完了のメールが届きました。私の場合は9日間かかりましたが、人によって早かったりするのでしょうか、、、その辺は謎のままです。

まとめ

まだ、アクセス数もほとんどなく全く収益は得られていません。審査通過後は、マイページ内で広告表示に関する各種設定などを行うことができるのですが、まだその辺は勉強不足のため理解し切れていません。
とりあえず、タグを設置すればGoogleが自動的に判断して広告を配信してくれる「自動広告」機能を使って配信しています(審査用に設置したコードは同時に削除しました)。若干気になる位置に広告が表示されている気もするので、もうちょっと勉強して最適化を図っていきたいと思います。