フィンエアーAY0074便ビジネスクラス搭乗記<成田11時発ーヘルシンキ15時20分着>

フィンエアーAY0074便ビジネスクラス搭乗記<成田11時発ーヘルシンキ15時20分着>

ラウンジホッピングを満喫したあとは、いよいよフィンエアーAY0074便に搭乗し、フィンランドはヘルシンキに向かいます。

成田空港ラウンジ巡りのまとめはこちら

帰りのAY0073便ヘルシンキ⇒成田のビジネスクラス搭乗のまとめはこちら

搭乗開始

チケットには10時20分搭乗開始と出発(11時)の40分前指定になっていましたが、実際には10分遅れの10時30分頃に搭乗が始まりました。日本人CAも数名搭乗しているようで安心です。平日だからなのかはわかりませんが、ビジネスクラスは50%程度の搭乗率です。

ビジネスクラスのシートです。左側は2人掛けと1人掛けが交互に配置されてます。中央は2人掛け、右は一人掛けとちょっと変わった配置となってます。若干古いのか、テーブル等の出し入れに力が(コツが?)必要でした。

ちなみに、左側のシートのうち1人掛けシートは左右にスペースが大きくあるので、王様シートとも呼ばれているようです。確かに王様感があります(画像はフィンエアーのWebサイトより拝借)。

スリッパとアメニティです。マリメッコですが、なんだかもったいなくて開けられません。

ウェルカムドリンクは、ブルーベリージュースを選択。グラスは、イッタラ(iittala)製で機内販売で購入することもできます。

トイレです。

メニューです。日本発着便なので日本語なので助かります。外国人CAの方も慣れているようで、日本語メニューを指差しで全然OKでした。

昼食

離陸後、2時間ほどして昼食となります。
※下記の画像は2人分です(それぞれ違うコースを選択しました)。

昼食のコース

前菜です。

メインコースです。

デザートです。

昼食後

機内販売が始まります。今購入すると荷物になってしまいますので、私は旅行中にフィンエアーのWebサイトから注文して、帰りの飛行機で受け取るように手続きしました(3日前までに手続きすれば帰りの機内で受け取れますと日本人CAの方に説明してもらいました)。

また、しばらくしてコーヒーとお菓子を配っていましたので頂きます。起きているときに見計らって声がけをしているようです。

機内エンターテインメントは、日本語字幕や吹き替えの映画も多少はありますが、2~3割程度でしょうか。詳細はフィンエアーWebサイトにてご確認ください。

軽食

軽食は到着90分前になります。焼うどん、鶏照り焼き、炒め野菜をオーダー。

 

ヘルシンキヴァンター空港に到着

のんびり映画などを見て過ごしましたが、いよいよ到着が近づきます。結局、出発は30分以上遅れたものの、定刻での到着となりました。ただ、最近入国審査が厳しくなっているようで、インドやアフリカ系とみられる団体の後ろに並んだのですが、この方たちが長いときで1人5分ぐらい要しており、結局ここで1時間程度待つことになりました。ちなみに私たち日本人はほとんどスルーで通過できました。日本のパスポートの力は絶大ですね。

まとめ

ヘルシンキ行きフィンエアーAY0074便のビジネスクラスのシートは一世代古いタイプでしたが、フルフラットにもなるので快適に過ごすことが出来ました。今回2人だったので2人並び席でしたが、1人で2人並び席に座ると、ひじ掛けあたりのグラス置き場などを共有する事になるので、少し気を遣うかもしれません。
何はともあれ、ビジネスクラスなので心地よく疲れることなく移動ができるので、旅行のスタートとして最高ですね。